2007年11月24日

漬物の存在感

つけもの 【漬物】
塩・酢・味噌・麹(こうじ)などに漬け込んだ貯蔵食品の総称。特に野菜を塩や糠味噌(ぬかみそ)などに漬けた食品。香の物。
三省堂提供「大辞林 第二版」より


先輩のご実家はお漬物会社だそうです。刻んだパック入りの漬物から業務用の一斗缶入りの漬物まで作っているんだとか。
最近、その会社のホームページ制作の相談に乗っています。

たんに、デザインしてコーディングするだけだとおもしろくないので、この機会に漬物と触れあってみようと思いました(笑)


漬物っていつも食卓のサブ的な存在ですよね。定食屋さんでも、申し訳程度に、たくあんが付いてたり、吉野家でもどうぞご自由にショウガをご利用くださいといったおまけ的な存在。カレーライスにも、福神漬。

無くてもいいけど、無かったらないで物足りなさを感じます。



先日、千葉そごうの地下食品売り場足を運びました。いわゆるデパ地下ですね。学生で一人暮らしにとって、縁のある場所では無いのですよね。個人的にはとっても好きなんですが。

デパ地下というと、贈答用の食品や、手の込んだおいしいお総菜のイメージが強いですよね。たしかに、そういった部分が花かもしれませんが、野菜・鮮魚売り場も目が離せません。地元でとれた新鮮な野菜や、全国各地の珍しい野菜がたくさんあるわけです。これどうやって料理するんだ??ってね。

ちょっと、話が脱線してきた気がするので元に戻します。そんな食品売り場で健闘しているのがお漬物コーナー。ぱっと見たところ3店舗があり、どちらもがんばっていました。

いつも、漬け物コーナーなんて素通りすることが多いけど、今回は堪能してきました^^;

ここで漬け物を見ると、漬け物が食べたくなります!!試食するとおいしい。それぞれいい値段しています。たとえスーパーなんかで見ても、まいっかとなってしまうのに。

それだけじゃないオーラを感じました。
最初に書いたように、漬物って食事のサブ的な存在感のことが多いのですが、九つ獣たちはサブではもったいなく、俺らはメインなんだ!!と主張しているようでした。

そごうの売り方がいいのか、漬け物にそんな力があるのか。。。とにかくおいしい漬け物が食べたくなりました☆



ということは、サブではない漬け物の存在は、食品を超えているのかもね。
ヨーロッパにおいて、ワインとチーズの組み合わせは、日本におけるうまい漬物と日本酒に通じるものがあるんじゃないかな〜。
なーんて。飲みたいだけか。。。


posted by hisasea at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TheNichijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。