2007年11月23日

越谷レイクタウンは治水事業

越谷レイクタウンは治水事業だったのね

首都圏外郭放水路見学の帰り,越谷レイクタウンを見てきました。
来年春の町開きを前に工事は急ピッチといったところでしょうか。

20071122Lake.jpg


東京ドーム50個分の広さの開発区域に武蔵野線の新駅や,国内最大級の大きさのイオンができるとかで話題です。イオンは南船橋のららぽーとより大きく国内最大のショッピングセンターになるのだとか。一日じゃ回りきれませんね。
上の写真で、写真の右側・武蔵野線高架橋の向こう側で建設中の建物が、イオンモールA街区だと思われます。

武蔵野線の再開発区域は数年前までは盛り土でしたが,真新しい高架に変わっていました。盛り土だと,町を分断しますもんね。駅の外観はほぼ出来ているようでした。荒野のまんなかにぽつんと高架駅がある様子は昔はまっていたA列車で行こうを思い出します(笑)

さて,レイクタウンというだけあって,池があります。この池は元々,ここにあったわけではなく,治水対策のための大規模貯水池だとのこと。貯水池と,周辺都市開発を一体的に行う新しい手法みたいです。
ここまで大規模なのは見たことが無いです。池の近くはとても暮らしやすそうで,気になります。夏とかも涼しいのかな??
武蔵野線沿線ってのがちょっと気になりますが人気の町になりそうな感じはずいぶん感じさせられました。

とはいっても東京からそれほど遠くない内陸にこれほどまとまった平地があったものですね。
昔の様子が気になったので調べてみました。

"現在"の状況(GoogleMap)


平成元年の航空写真です。田んぼしかありません^^;
越谷南高校の位置を基準に現在の地図と見比べるとおもしろいです。
武蔵野線の線路は盛り土ですね。



まち開きが楽しみですね。


参考リンク
レイクタウン:越谷市公式ホームページ
LAKE TOWN PROJECT
越谷レイクタウン 徘徊の巻


posted by hisasea at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TheNichijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。