2007年11月15日

江戸川の始まりサイクリング

えーと、今回の目的地はココ

関宿(せきやど)は現役の千葉県民としては、到達しておかなければならない3大はしっこのひとつ(笑)
もちろん残りは銚子と野島崎ですね。

利根川から江戸川が分かれる千葉県側には関宿城があります。
最近作られたお城っぽい建物は千葉県立関宿城博物館になっています。
お城のあとはこの博物館の200Mほど江戸川の下流の堤防沿いにあります。
この辺、さながら中州のようですが、江戸川自体江戸時代に掘削した川なので、中州ではないのが面白いですね。

千葉市内から関宿までチャリで行くにはあまりにも遠すぎるので国道16号が江戸川を渡る橋あたりまで車で行きました。
そこからはもちろん自転車です♪

20071116Michi.jpg

前日台風20号が通過。台風一過で快晴です。が、川は濁った水でいっぱいです。残念。
夕日に照らされる堤防の緑と空の青のコントラストはとってもキレイでした。

この辺は、左岸(千葉県側)は「松戸野田関宿自転車道線」です。自転車道ですが、千葉県道401号とれっきとした県道だそうです。松戸(小山交差点??)を起点に関宿まで続くかなり長い快適なサイクリングロードです。
右岸(埼玉県側)は江戸川河口から続いているようです。千葉県民として残念ですが、連続した長さでは右岸の方が長いらしい。

1時間ちょっと走ると目的地付近に。
以下写真たちです^^;

20071116Sekiyado.jpg
関宿水門全景です。堰の向こう側が利根川で、手前が江戸川側です。
想像以上に歴史を感じる佇まいで、じ〜んとした気分です。
なんだか、土木学会推奨の土木遺産らしいです。

20071116Sekiyado2.jpg
堰を開閉するための装置が。最近塗り替えられたようで、朱色が輝いていました。

20071116Sekiyado3.jpg
昔使っていた水位観測装置。
限界水位まであと10センチ!!というのが最高水位だったそうです。


20071116Sekiyado4.jpg
水門の上をわたって、埼玉県側にいくと、広大な高台が広がっています。
数年前から徐々に整備しているスーパー堤防ってヤツだと思われます。
てか、これをここから下流まで60kmも整備するのって大変だよね〜。それも両側!!





posted by hisasea at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | TheNichijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。