2007年11月01日

私事ですが、本棚作りました

20071101NewBookshelf.jpg
2時間ほどの時間、ちょうどいい幅・長さの木材、絶妙な木ねじがうちには余っていたので、本棚作りました。アンプを買ったことで、行き場所が無くなっていた本達がうまい具合に収まり、部屋もすっきり。いい感じになっています。
気になる方は見に来てくださいな♪

本棚は3段、それぞれの段は単行本と文庫本がちょうどはいる高さ。最上段の観葉植物とお酒は部屋の雰囲気作りに一役買っています。

2段目の一番左に置かれている本を最近読みました。が、残念ながら右の写真には写っていません^^;
「オタクで女の子な国のモノ作り」って言う本です。なかなかおもしろかったです。

オタクで〜ってタイトルなので、オタクとかサブカルチャーっぽい内容かなとも思いました。表紙もタイトルも一見相当ナンパな感じが多々よってます。
全然違いました、ビジネス書の類になるでしょうか。日本を”オタク”と”女の子っぽさ”という観点から分析しています。
いままでこういう切り口の本を読んだことがなかったの新たな見方を知った感じです。とはいっても、既出のような内容もいくらかありますがね。

この本、日本製品のオタク性を10個の法則で解説しています。その中でも「法則4 寸止めをねらう」はイチオシです。
「むやみに使いやすさを追求するのではなく、『道具や製品を使いこなす間での苦労とその苦労の代償として得られる『使う喜び』を大切にしよう』という考え方」を提唱しています。
演奏者の考えたとおりに、それは、完璧に演奏できるピアノって言うのがあったとしても、それはつまらない製品であり、何とかしてピアノをうまく弾けるようになろうというその苦しいプロセスを楽しむというこそを最高に楽しいことだということだそうだ。
料理だったら、レトルトばかりじゃつまらない。たまには腕をふるって料理をしたいが、スパイスを調合するところからカレーを作るのはあまりにも大変。そんなときカレールーという絶妙な商品がある!ということだ。

なるほど☆
そいうことね〜
しばらく、そういった観点から製品を見てみよう! これはこの辺までできあがったものだわぁ〜って。





今日買った焼酎。ボトルの半分飲んじゃった。酔ったよ!!


posted by hisasea at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TheNichijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。